top of page
  • 執筆者の写真NOBUHARU

WARES WORLD 聖刻石の物語【 設定編 】

WARES WORLD 聖刻石の物語【 設定編 】


【聖刻石】 特殊なエレメントを封じ込めた石であり、これらの石は世界中で稀に見つかる。聖刻石を使うことで練法師は通常では考えられないような強大な力を発揮することができるが、使い方を誤ると命を落とすこともある。古代の遺跡には古代の練法の知識を秘めた聖刻石が眠っており、それを解き明かすことは現代の練法師にとって大きな目標となっている。


【操兵】 エレメントと結びついた力を用いて動かす特殊な兵器のことを「操兵」と呼ぶ。操兵は、大量のエレメントを統合し、その力を使って戦う特殊な兵士で、聖刻石を使って自分のエレメントを制御する。操兵には「人型」、「獣型」、「物体型」の三つの種類が存在し、それぞれの形状と用途によって様々な戦術が可能となる。一部の強力な操兵は聖刻石を動力源とするものも存在する。


・人型操兵

人間の形を模した操兵。高度な操縦技術を必要とし、その能力は練法師の技量に直結する


・獣型操兵

動物や怪物の形を模した操兵。野性的な動きと高い攻撃力を誇る


・物体型操兵

特定の物体や自然現象を模した操兵。一般的に大規模なエリア攻撃や防御に用いられる


【練法師と操兵の絆】 操兵は練法師と深い絆を結ぶことでその真の力を発揮する。練法師と操兵の間に生まれる絆は、戦場での連携を深め、一体となった戦闘を可能にする。練法師は、練法のプロセス中に自身の精神を聖刻石に結びつけ、石と一体化することで、その力を最大限に引き出す。聖刻石が練法師の意志を反映し、独自の特性を発揮するためである。

【エレメントと練法】 この世界には自然界の各要素に宿る力、「エレメント」が存在する。「火」「水」「風」「地」「空」の五大エレメントと、それらが融合した二次エレメント、「雷」「氷」「光」「闇」「森」などが存在し、この力を引き出す術を「練法」と呼ぶ。練法を使う者は「練法師(リンファイ)」と呼ばれ、エレメントを操ることで様々な力を発揮する。練法師たちは、精神と身体を統一し、エレメントを制御するための技術を磨き上げる。




アガルタ共和国

  • 新興共和制国家、AIダビンシュタインが統治

  • 進歩的な政策を推進、教育、聖刻石技術研究に注力

  • AI技術が高度に発展、日常生活、都市運営が効率化

  • 無料教育制度あり、職業選択は個々の興味・才能に基づく

  • 首都は空中都市「ゼニス・ピラミッド」、ここからAIが全国を監視

  • ダビンシュタインを知識と理解の象徴として崇拝

アプト帝国

  • 古都シャンバラを中心に広がる古代帝国

  • 聖刻石の力を引き出す技術が発展、強力な戦士(操兵)による国家防衛

  • 古代遺跡が全国に点在、聖刻石の発掘源

  • 伝統、儀式を重視、聖刻石を巡る争いが絶えない

  • エリート階級が権力を握る、一般民衆の生活は厳しい

  • 祖先崇拝、聖刻石の守護という使命感

フリーネシア都市国家

  • 都市が連携して形成された共和制国家、高度な自治を行う

  • 都市間移動は聖刻石を利用した交通手段で容易

  • 各都市が独自の聖刻石技術を開発、生活体験は都市ごとに異なる

  • 信仰は都市ごとに異なる、一部の都市では聖刻石自体を神聖視

エリノス農業連盟

  • 広大な平原地帯に広がる農業国家、聖刻石を用いた農法で食糧生産

  • 連盟形式、各地域が独自の自治を行う

  • 農作物収穫、加工は聖刻石を用いた機械で効率化

  • 自然との調和を重視、聖刻石は生命育成の道具として崇拝

ヴェクスタスの本拠地

  • ヴェクスタスが統治する未知の場所

  • その正確な位置は不明、ヴェクスタスが操兵を送り出す拠点

  • ヴェクスタスが完全に支配

ジェミニ共和国

  • バランスと調和を重視した二重行政体制を持つ国家

  • 2つの首都、太陽の都「ソレイユ」、月の都「ルネ」

  • 日常生活はAIテクノロジーと人間の協働により運営

  • 教育は自由な学びの場が提供され、各個人が自身の道を模索

  • 全体を通じたバランスを保つために、一方の都市が盛んになれば、もう一方がそのバランスをとるよう制度が設けられている

  • 共和国の元首は毎年交代、各都市から代表者が選ばれる

アストラル帝国

  • 宇宙開拓を目指す超大国

  • 首都は「ポラリス」、星々の海から全国を監視

  • 先進的な聖刻石技術とAI技術を融合した宇宙船製造を主要産業とする

  • 学問と探究心を重視、特に天文学と物理学が優先される

  • 帝国の支配者は「星の皇帝」と呼ばれ、その地位は科学的な業績に基づいて決定される

サイレン海洋共和国

  • 海洋都市群から成る国家

  • 主要都市は海上都市「アクアティカ」

  • 海洋資源の開発と保護を両立させるために、聖刻石技術とAIを用いた環境保全技術が発展

  • 自由で開放的な文化、教育制度も自由度が高い

  • 全市民が参加する形の直接民主制をとり、AIが投票や意思決定を支援

イグニス鉱業帝国

  • 巨大な火山地帯に広がる帝国

  • 首都は火山の中腹に建設された「マグマトロポリス」

  • 聖刻石と火山資源を利用した鉱業が主要産業

  • 勇敢さと耐久力を重視する文化、聖刻石は力の象徴とされる

  • 帝国の皇帝は最も強く、賢い者が就く、その選出には聖刻石が使用される

Comments


bottom of page